Playlist4444’s blog

最新の曲から、オールドソングまで、ジャンルを問わず自分の好きなものだけを

MISIA - MISIA SOUL JAZZ SESSION


スポンサードリンク

 

BELIEVE

BELIEVE

 

邦楽が連続で続いているがこれもよかったから是非。

 

MISIAさまだぞ。

 

これいいぞ。

 

MISIAMISIA SOUL JAZZ SESSION」

 


MISIA - MISIA SOUL JAZZ SESSION 楽曲試聴トレーラー

 

ジャズトランペット奏者も黒田卓也氏とのコラボレーション作品はかなりお洒落なアルバムに仕上がっている。

 

やっぱりここも歌唱力があるってことが大前提で、夏の夜にメロウに流れる感じがなんとも言えない心地よさを演出してくれる。

 

ヤバイっす。最高っす。タイプっす。

 

しかもオリジナルも曲だと浸透するまでちょっと時間がかかるが、今回は名曲のお詰め合わせとくれば、ポカリスエット並の身体に浸透。

 

もぉ流し込みForever。

 

ファンでもまわしものでもないので、改めて伝えておく。

 

結局ミーハーのため、慣れた安心感のある曲がアレンジされても抵抗感なくスッと入ってくるからいいんだよね。

 

私の中ではトップの「BELIEVE」が文句なしに、最高なんだけど。

 

まぁどれもハズレなしの最高の選曲よ。

 

説明なくともわかってるよ。

 

と言われそうだが。

 

ところで、彼女はデビューしてから長い間多くのファンを魅了していますが、どの部分がいいと思えるのでしょうか。

 

簡単に調べてみると、多くの方は声がいい、リズムがいい、音程も抜群。音域も広い。

 

全般に彼女の能力をこれでもかという位べた褒めな声が多い。

 

私も同感だ。

 

この部分においては日本でもトップクラスだろうと思う。

 

自分も魅了されているひとりだけど、1番思うのは表現力の高さだと思う。

 

前回の記事の宇多田ヒカルもそうだし、海外の世界的有名なアーティストに共通して言える部分はその表現力の高さ。

 

MISIA自身も以前のインタビューの際に、「音楽は生き物」と表現している。

 

バラード、ジャズ、ポップスと幅広いジャンルを歌いこなす彼女は、「生き物」を上手くダイレクトに主張できるエンターテイナーだ。

 

しかも1部の人だけでなく、その範囲も幅広い。

 

別に上から目線で言うわけではないけど、売れる秘訣って万人に受けるってことは大事だと思う。

 

定番ということでもなく。

 

しいていえば「万人に受ける個性」

 

独立した個性。カリスマ性か。単純にいうと。

 

これ絶対必要だと思う。

 

大きくそれたが、テラスの夜に流してオッケー。

 

ドライブの帰りにオッケー。

 

寝る前の子守唄にも場合によってはオッケーか。

 

1番はバーボン片手にしっぽりでしょ。

 

だらだら聴いてたら他の曲も聴きたくなってしまった。

 

BSとかでやんないかぁ。LIVEとか。