Playlist4444’s blog

最新の曲から、オールドソングまで、ジャンルを問わず自分の好きなものだけを

Earth, Wind & Fire - Brazilian Rhyme


Advertisements

 

 


Earth, Wind & Fire - Brazilian Rhyme (1977).avi

 

パラッパッパッパァーラ。

 

って絶対生涯一度は耳にしたことは会うでしょと思ってます。

 

いーや絶対ある。

 

いつかどこかでなんとなく。

 

でも歌ってる人は知らないけど。

 

それでも耳に響くサウンドが全く忘れることができない感んじ。

 

世代にもよるとは思うけど、ドンピシャ世代にはたまらないこの懐かしさ。

 

「Boogie wonderland」の方がいいって方もいらっしゃるでしょう。

 


Earth, Wind & Fire - Boogie Wonderland

 

若者は早速Youtubeでチェキしてください。

 

夏休みの宿題急に早急にチェックしてみてください。

 

ディスコサウンド。

 

あーあ懐かしい。

 

そして今聴いてすごくいい。

 

って方も多いはず。

 

「September」派って方もいるはず。

 


Earth, Wind & Fire - September

 

もちろんおっけー。

 

なんら問題ない不動の名曲でしょう。

 

それでも今の気分は表題の

 

「Brazilian Rhyme」

 

これは夏に絶対。

 

間違えなく、余すことなく絶対。

 

歌詞も何言ってるかわからなくても絶対。

 

「Let's Groove」派もいるでしょう。

 


Earth, Wind & Fire - Let's Groove

 

これも最高に仕上がっている感じ。

 

そして聴いたことない人絶対いないと思う。

 

そもそも、「Earth, Wind & Fire」って何者よ。

 

って方も多いはず。

 

人生のベテランはお世話になったでしょう。

 

まさにこの人たちは「Fantasy」だぞ。

 


Earth, Wind & Fire - Fantasy

 

アフリカ系アメリカ人のファンク・ミュージックバンドっていうことで彼ら。

 

本当に日常生活で我々もよく耳にする作品は、基本中の基本。

 

他にもたくさんいい曲があるのだけど、あくまで今回は夏にぴったりと旬で聴きたいということで。

 

グラミーでも6度の受賞、人気の絶えなかったバンドですが、

 

やっぱいいんだよね。

 

結局戻っちゃうんだよね。

 

That's the Way of the World」が個人的にはナンバーワン。

 


Earth, Wind & Fire - That's the Way of the World (Audio)

 

再開、解散を繰り返してきた彼らは世界的にも大人気のバンドです。

 

ツインボーカルから、電子音を入れたりと、当時は新しい音楽のまさにパイオニア的存在でしょう。

 

今でも多くのシーンで利用していることが、何よりも証拠ではないで押すか。

 

一流の。

 

残念ながら昨年にはメンバーのひとりが亡くなってしまっていますが、それでも語り継がれるでしょう。

 

モーリス・ホワイト

 

まぁ何れにしても、アルバム見つけたらまるまる1つ借りちゃってもいいんじゃないの??

 

なんの問題もないんじゃないの。

 

まぁ夏ということで、代表は上記の表題の曲。

 

朝一Wake upの時点で、かかって欲しい1日を楽しく爽快にしてくれること間違えない。

 

ピカピカの夏のモーニングをお約束いたします。